院長ご挨拶

2013年7月22日
院長 和賀 忍

独立行政法人国立病院機構青森病院
院長 和賀 忍

 本日は国立病院機構青森病院のホームページを開いていただきありがとうございます。

 国立病院機構青森病院は、昭和15年以来、本邦政策医療ニーズに対応した診療を担ってまいりました国立療養所を前身としています。平成16年の独立行政法人化後はこのような政策医療を新しい病院理念をもって取り組んでまいりました。

 新しい理念のポイントとなるところは、患者さまを中心にすえた医療を、病院に関わるすべての観点からみて健全といえるような運営をしていくことといえます。
 このような理念をまっとうするために、青森病院職員は、遅々としているとはいえ、日々、勤務するすべての職種がチームワークよく明るく元気に一体として患者さまに向かおうと努力を積み重ねているところでございます。
 皆様のおかげで、平成26年春、患者さまがたの長年の夢でありました病棟の建て替えがかないます。

 今後とも私ども職員は、病院の理念達成の意識をさらに強固なものにすべく励んでまいりますのでよろしくご指導、ご鞭撻のほどお願い申し上げます。